« あったかい日 | トップページ | 春ですねぇ~ »

2018年3月14日 (水)

願望

春になると気持ちが落ち着かなくなる。

そんな人達がいます。
この数日、なぜ自分が施設に入ってきたのかという理由をすっかりと忘れ、「なぜ、自分はここに居なくてはいけないのか? 誰が決めたんや!、俺は帰る!」と激しい剣幕で職員を捕まえて離さない人がいます。
食事、衣服の着脱、排泄、一つひとつの動作に何らかの支援が必要な人です。
例えば、体は動くのですが、着替えるという動作がうまくいきません。着替えを用意しても、どのように服を着たら良いのか手順がわからないのです。ですから、指示をしなけれな服とにらっこを延々と続けるしかありません。
「とにかく帰る。」今日は止められそうにありません。すべての能力を失ったわけではありません。どこまで本人が出来るかやってみよう! 何となく本人が道がわかりそうな場所まで送り、そこから自宅まで帰れるか?帰れないようであれば、あきらめて頂けるだろうか?
Img_7982jpg
本人とは別れを告げ、車で後をゆっくりと付いていきます。まっすぐな道ですが、途中に交差点があるので、そこからは車を降りて安全を見守ります。見つかってはいけないしヒヤヒヤです。
Img_7983jpg
まっすぐに自宅に向かうかと思いきや、すき家の前で立ち止まりました。在宅生活をされていた時、自炊が出来ずに頻繁に通っていた所です。
Img_7986jpg
ある程度、予想はしていましたが、すき家に入店。店内をウロウロとされトイレに入られました。その隙に店員さんに声をかけ事情を説明。支払いなどうまく出来なければ対応しますと伝えました。
Img_7988jpg
外から中の様子を伺います。注文して食事を始めましたが、なかなか終わりません。入店から1時間が経過。長い・・・ やっと終わったかと思ったら何やら再注文をしている。アイスコーヒーでした。1時間30分経過。お昼前で空いていたので良かったですが、長居しました(汗) その後、何とか会計を自分で済ませることも出来ました。
Img_7992jpg
家に向かうのかと思いきや、家とは反対方向に歩いていきます。
Img_7994jpg
スーパーに入っていきました。迷いなく2階の紳士服売り場に向かいました。
ここでまた延々と服を物色。店員さんに事情をお話して声をかけてもらうと、見ているだけとの返事だったそうで・・・ 
次の予定もあり、ここでタイムオーバーにすることにしました。
声をかけると、近くに私達が居たことをわかっていたような様子。
「解放されていない」と言われましたが、家族、地域とのお付き合いがうまくできなかった人です。待っているのは孤独・・・かもしれません。いえ、孤独なんです。
今日のこともすぐに忘れてしまいます。本人の願望は私達ではきっと叶えられません。
一緒に折り合いをつけていくしかありません。まだまだエンドレス・・・

|

« あったかい日 | トップページ | 春ですねぇ~ »